FC2ブログ

香港美食商談会2010

10月23日から26日にかけて香港へ行ってきました。

長野県と八十二銀行が主催する 香港美食商談会2010に
出店し、仙醸商品を香港のバイヤーに紹介することが目的です。

香港市場ではすでに多くの日本酒が販売されているわけですが、
弊社は香港での輸出の実績はありません。今回は実際に現地を視察したり、
バイヤーや、レストラン経営者の方々の話を聞く中で、
販売戦略を練ったり、いいビジネスパートナーと出会うことができればと考えての出店でした。

これまで展示会というと、ブースに、問屋、酒販店、飲食店、一般消費者とあらゆる人が
立ち寄り、利き酒とお酒の説明、取引の交渉をするという商談スタイルが一般的でしたが、
今回は、HKTDC(Hong Kong Trade Development Council) 香港貿易発展局が膨大な企業情報を元に
事前に抽出した、企業との商談スケジュールを組んで、それに沿って30分間で商談をすると言う
方法で行われました。

HK商談ブース

午後2時から始まったわけですが、結果としては事前の予定を上回る10社との
商談を行いました。香港は酒税がかからないことから、酒類の販売に関する免許制度も
規制が少なく、酒の取り扱いをしている専門商社から、和食料理屋のオーナー、酒はまったく扱ったことがない
が中国大陸に強力なコネがあり、日本酒を売っていきたいと豪語する企業家まで、
実に多くの方と、通訳を介して商談をしました。人口減少と、消費の低迷というマイナス要因ばかり
の国内市場とはまさに正反対の、高度経済成長期にある市場では、また頭の切り替えが必要で、
その意味でも、大変刺激的で元気のでる商談会となりました。
ご支援いただいた八十二銀行様、長野県、JETRO、HKTDCなど関係の皆様にはお礼申しあげます。

HK友人


3日間の滞在中、商談と市場視察ばかりではなく、10年来の友人との再会も、
大きな目的でした。1999から2001まで留学していたロンドンの学生寮で知り合った、
ジャクソン(写真中央)とファビアン(写真右)さん、そのだんなのアレックス(写真左)と商談会前日に食事をしました。アレックス夫妻の0歳の赤ちゃんも一緒に来てくれて、旧交を温めることができました。
ジャクソンにはその後、高級和食料理店への飛び込み営業にも付き合ってもらい、
最終日にオーナーと日本酒談義をする中で、御燗酒をご発注いただいたことを考えれば、
やはり人の縁というか、おかげさまでした。

香港夜景

上の写真はジャクソンに連れて行ってもらった百万ドルの夜景といわれる 香港 ヴィクトリアピークからの夜景です。明るいうちから夕暮れに移り変わる景色を眺めながら1997年のイギリス領から中国への香港返還、インドから香港に移り住んで香港人と結婚したジャクソンの祖父の話など、香港の生きた歴史を少し垣間見ることができました。

最終日はJUSCOやAPITAといった日本資本のスーパーマーケットの視察を行い、
26日夜無事名古屋に帰ってきました。
海外への輸出を志してから、5年ほどになりますが、この香港市場で第一歩が踏み出せた
のを一つの節目として、これからも

日本酒のすばらしさ、和食のすばらしさ、日本文化のすばらしさを 

世界に発信していきたいと思います。


スポンサーサイト



プロフィール

黒河内 貴

Author:黒河内 貴
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード